ハト撃退とこまめな清掃
  • ハト撃退とこまめな清掃

    • ハトは見かけによらず可愛い鳥で近寄ってくれば餌のひとつもやりたくなるところですが、ハトは人に感染する病原菌を保有していて、ハトの糞をそのままにしておくだけで人体への影響が懸念されます。



      ハトに限らず、鳥獣の駆除は特定の場合に限られているので、むやみにハトを傷つけたり処分はできません。



      ハト撃退の方法は他の害獣同様に根気よく自分の家から追い払う努力が必要になります。


      ゴム製の蛇などはハトが最も忌避するもののひとつですが、最初に効果があっても長続きはしません。
      ただ置いておくだけでなく時々場所を移動させたり、数を増やしたりして状況を変化させることが必要です。


      ハトは他の鳥類同様に自分に危害が及ばないことがわかると再びその場所を訪れるようになります。ハト撃退用のグッズはいろいろと販売されていますが、どれも長期的な使用で効果が期待できるものはありません。

      どれも少しずつ手を加えながら効果を持続させることが必要なので、根気と骨の折れる忍耐力を擁します。


      鳥よけのネットなどは戸建ての住宅には有効ですが、張り方を工夫しなくてはいけません。
      マンションやアパートのベランダに使用する場合は自分の部屋に近寄らなくなっても、上階や隣にくる可能性はあります。

      ハト撃退の方法はいろいろありますが、ハトのフン害は様々な病気や人体への影響が問題視されています。ハトが頻繁に訪れるからといてフンなどをそのままにせず、こまめに清掃を行うことが大事です。



      ハトのフンを片づけずにおくと、一匹だけでなくほかのハトも寄り付く可能性があります。


      人体への影響を防ぐためにも、こまめな清掃がハト撃退に繋がる有効な方法かもしれません。

  • 害獣駆除の意外な事実

  • 害獣駆除のコツ

    • だれでもハト撃退ができるアイテムの活用

      掃除をしてもいつも同じ場所にフンが落ちていて飛んでいった後もしばらくしたらまた戻ってくるという場合は、巣を作られてしまっている可能性があって卵を産んで数を増やさないようにするためにもハト撃退対策を早急に行って出ていってもらうようにする必要がありますが、効率的なやり方にはどんな方法があるのでしょうか。給湯器の室外機や太陽光パネルの間などに巣を作られてしまうと故障の原因になりかねず、場合によっては断線から火事の危険性もあるわけですから、ハトがかわいいからと悠長に構えてエサやりをしていたら被害の拡大につながってしまいます。...

  • 害獣駆除の話・害獣駆除の納得の知識

    • 庭を荒らされたり侵入を防ぐためのネコ対策

      柔らかな土のあるところは排泄するのに適しているため花壇などがある庭は割と好んで出入りをしますし、野良ネコであればエサを探しねぐらにするために訪れることも多くなり、荒らされて迷惑を被ったことがある人もいるのではないでしょうか。身軽で壁やネットなどがあっても簡単に侵入してきてしまいますから、ネコ対策としては通り道になるような塀の上などに棘があるアイテムを設置すると肉球に痛みを感じるような場所は避けるためある程度の妨げになります。...

    • 被害にあう前にネコ対策をする

      日本にいるネコの総数は、約800万匹と言われています。その中で約700万匹はペットとして飼われ、残りの約100万匹は野良ネコとして生活しているのです。...