はじめてのヨガではヨガウェアは慎重に選ぶ

ヨガのレッスンに申し込むときには、動きやすい服装で行うように言われますが、初心者はどんなヨガウェアを着用していいかがわかりません。

ヨガはスポーツといえども、スポーツウェアやジャージ、緩やかな服装であればなんでもよいということではありません。ヨガは深い呼吸を繰り返しながら、動き心と身体の両方の調子を整えていきます。ヨガウェアとして服装を選ぶときは、身体と心どちらも着心地の良さは重要です。きつ過ぎる服装や締め付けがあるもの、サイズが小さすぎるものなどは動きを制限してしまい、ヨガに必要な正しい呼吸がしにくくなります。

着用していて不快感を感じ場合には、ポーズに集中できなくなってしまうため避けるべき素材です。実際に触ったり、試着をして肌触りがよいもの、着心地がよいものを選ぶとポーズや動きに集中してヨガを楽しむことができます。女性であれば、トップスは胸元が開きすぎてはポーズに集中することができないため、胸元の開きやウエスト部分のめくれを防げるトップスやインナーを選ぶようにします。

ボトムを選ぶときには、独特のヨガのポーズにも対応できる伸縮性のある素材を選んでいきます。手持ちの洋服をヨガウェアとして選ぶときには、シンプルなものを選びます。ジッパーや金具がついているものはケガの危険が伴うため避けるようにし、フリルやリボンなどの飾りがあるものはポーズ中に違和感が出てしまうため避けるようにします。フード付きのポーズをとっているときに邪魔に感じることがあるためフードなしを選びます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *