だれでもハト撃退ができるアイテムの活用 - ハト撃退とこまめな清掃
  • だれでもハト撃退ができるアイテムの活用

    掃除をしてもいつも同じ場所にフンが落ちていて飛んでいった後もしばらくしたらまた戻ってくるという場合は、巣を作られてしまっている可能性があって卵を産んで数を増やさないようにするためにもハト撃退対策を早急に行って出ていってもらうようにする必要がありますが、効率的なやり方にはどんな方法があるのでしょうか。
    給湯器の室外機や太陽光パネルの間などに巣を作られてしまうと故障の原因になりかねず、場合によっては断線から火事の危険性もあるわけですから、ハトがかわいいからと悠長に構えてエサやりをしていたら被害の拡大につながってしまいます。


    そこでハト撃退に有効的なのは忌避剤や超音波など苦手とするものを設置するやり方が簡単で最も効果が期待できる方法で、住みにくい場所で安全では無いとハトにわからせることが肝心です。



    巣が別の場所にあってたまり場にしているだけの場合でも忌避剤や超音波は効果が期待できる方法であり、フンが落ちている場所や良くたまり場にしている場所を観察して設置します。
    ハト撃退用のレーザーポインターも人気になってきていますが、使い方によってはハトの目を傷付けて飛ぶことやエサをとることに支障が出るようになる恐れがあるためよく注意して使う必要がありますし、かなりの距離まで届くのでハトから外れて隣家の人に迷惑をかけてしまうことがないようにしなければなりません。



    無事にハト撃退が済んだらフンや羽根などをきれいに掃除して片づけ、飛散してアレルギーを起こすことがないようにしましょう。